マカロニ離乳食はいつからOK?時期別おすすめレシピも紹介

マカロニ離乳食はいつからOK?時期別おすすめレシピも紹介 子育て

茹で時間が短く調理が簡単なマカロニは、パスタの代用として離乳食に使える便利な食材です。

しかし、いつから与えても大丈夫なのか、どれぐらいの量を与えていいのかわからないママさんも多いことでしょう。

そこで今回は、マカロニの離乳食の与え方を詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

マカロニは離乳食初期から与えてOK

マカロニ いつから

厚生労働省が発表している授乳・離乳の支援ガイドによると、マカロニやスパゲッティなどの穀類は離乳食初期(5~6ヵ月)から与えることができるようです。

とはいえ、マカロニはうどんやそうめんなどの穀類に比べて弾力がある食材なので、与える時期としては食事に慣れてくる離乳食中期(7~8ヵ月)以降がおすすめです。

おすすめのマカロニのスタート時期の目安
  • ヨーグルトぐらいの固さのものを食べられる
  • スプーンに慣れて離乳食を上手に飲み込める
  • 離乳食初期に比べて食欲が増している
  • 食事のタイミングが一定になってきた

マカロニを与える場合はアレルギーに注意

マカロニは3大アレルゲンの1つ、小麦を原料としています。

既にうどんやパンを与えている場合でも、最初は様子を見ながら慎重に与えていきましょう。

初めて食べさせるときは、医療機関が開いている平日の午前中がベストタイミング。

食べた後にじんましんが出たり、全身が赤くなってきたりしたら、すぐに近くの医療機関を受診してください。

マカロニの進め方や与える量は?

マカロニ 進め方

マカロニは基本的にパスタと同じ進め方でステップアップしていきます。

離乳食初期(5~6ヵ月)

ゴックン期の離乳食初期にマカロニを与える場合は、茹でてとろとろの状態にしたものを与えていきます。

最初は子供の様子をしっかり観察しながら、1日1回1さじずつ与えていきましょう。

なお、マカロニを茹でるときは、記載されている時間よりも長めに茹でることがポイント。

芯が残らないようにしっかりと火を通してくださいね。

なべび
なべび

我が家は早茹でタイプのマカロニを砕いてから茹でていました。

普通に茹でてすりつぶすよりも調理が簡単なのでおすすめですよ♪

離乳食中期(7~8ヵ月)

モグモグ期の離乳食中期は、お粥の代わりにマカロニを主食としてあげてもOK。

舌でつぶせるぐらいの固さに茹で、2~5mmの大きさに切って与えていきましょう。

1回あたりに与える目安量は50~80gがおすすめです。

とろみなどをつけて食べやすくしてあげてくださいね。

離乳食後期(9~11ヵ月)

カミカミ期とも呼ばれる離乳食後期の時期に突入したら、離乳食中期の頃よりも少しサイズを大きくしていきましょう。

目安としては1cmぐらいの大きさにカットして与えていきます。

この時期になると歯ぐきで食材をつぶせるようになってくるので、バナナぐらいの固さであれば与えることが可能です。

1回あたりに与える量は80~90gを目安としてください。

離乳食完了期(12~18ヵ月)

歯ぐきで食材を噛めるようになるパクパク期。

この離乳食完了期の時期は、離乳食後期とほぼ変わらず、与える量は80~90gでOK。

変わるのは固さと大きさのみです。

固さはバナナよりも少しだけ噛みごたえがあるぐらいが理想です。

ゆでたまごの白身や肉団子ぐらいの固さをイメージしてもらえると作りやすいかと思います。

また、この時期は2~3cmの大きさであれば自力で食べることができますから、形が小さいマカロニであればそのまま与えてしまっても問題ありません。

マカロニを使った離乳食レシピ

それではここで、我が家で作っていたマカロニの離乳食レシピを紹介したいと思います。

なお、当記事作成時は子供が9ヵ月であるため、離乳食後期までのレシピを掲載しております。(後日更新予定です。)

レシピ1.ミートソースパスタ

ミートソースパスタ

【おすすめ時期】
離乳食中期(7~8ヵ月/モグモグ期)以降

【用意するもの】

【作り方】

  1. マカロニを茹でてカットする(大きさは離乳食の時期に合わせて)。
  2. 粉末ソースにお湯を加えて溶かす。
  3. ソースにとろみがついたらマカロニにかけて完成。

レシピ2.かぼちゃのグラタン

かぼちゃのグラタン

【おすすめ時期】
離乳食中期(7~8ヵ月/モグモグ期)以降

【用意するもの】

  • マカロニ…20~30g
  • かぼちゃ…約10g(一口サイズにカットしたものでOK)
  • たまねぎ…約5g
  • 和光堂 ホワイトソース…小さじ2~3杯

【作り方】

  1. マカロニを茹でてカットする(大きさは離乳食の時期に合わせて)。
  2. かぼちゃを茹でてマッシュする。
  3. 玉ねぎをみじん切りにして茹でる。
  4. 茹でたマカロニ・かぼちゃ・玉ねぎを混ぜ合わせ、ホワイトソースを粉末ごと加える。
  5. しっかり混ぜて完成。

レシピ3.きな粉マカロニ

きな粉マカロニ

【おすすめ時期】
離乳食中期(9~11ヵ月/カミカミ期)以降

【用意するもの】

  • マカロニ…10~20g
  • きな粉…少々

【作り方】

  1. マカロニを茹でてカットする(大きさは離乳食の時期に合わせて)。
  2. きな粉をかけてよく混ぜる。

マカロニは冷凍保存OK

離乳食用にマカロニを茹ですぎてしまったときは、小分けにして冷凍保存するのがおすすめです。

次回マカロニを使用するときは一度レンジで再加熱してから使いましょう。

ちなみにマカロニを冷凍した場合、保存期間は約1ヵ月となります。

しかし、赤ちゃんに与える離乳食はなるべく新鮮なものの方が良いですから、早めに使い切るようにしてくださいね。

最後に

今回紹介したレシピの他にも、マカロニはナポリタンやサラダなど、様々な子供の大好物にアレンジすることが可能!

ひょっとしたら離乳食をなかなか受け付けてくれないお子様も進んで食べてくれるかもしれません。

また、カラフルな野菜入りのマカロニは彩りも豊かになっておすすめです♪

そのまま保存しても冷凍保存しても長く日持ちするマカロニ。

是非離乳食のレシピに工夫して加えてみてくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました